交通事故の示談金

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

お金交通事故にあってしまったときに、示談交渉に入ることがあります。加害者との交渉になってきますが、小さな事故の場合には、その場でおこなわれることさえあるでしょう。しかし、単純に示談にしてしまうことは危険です。事故の状況もはっきりとせず、怪我の有無さえ分からないでしょう。この状況のまま交渉に入っても、あとから失敗したと後悔することも出てきます。

示談金とは何かといえば、損害賠償にあたる金額すべてを表しているところに注意が必要です。よく慰謝料と同一であると勘違いされることがありますが、これは大きな間違いであるといえるでしょう。慰謝料は損害賠償の中のひとつであり、示談金は慰謝料も包括しています。請求するとなれば、すべて含めた金額となってくるため、非常に大きなものとなるでしょう。そのため、交渉を始めるとするのであれば、すべてが解決した段階で、その被害を算定して請求していくことになるでしょう。

交通事故において、示談金の交渉は簡単なことではありません。一刻も早く終わらせたいと思う人もいますが、これはかなり危険なことです。怪我をしているときには、変化していってしまう可能性があります。怪我がないように見えても、実は大きな怪我をしていて、あとから自覚症状が出てくることも珍しいことではありません。だからこそ、示談金を請求するためには、知識を持っておこなうことが必要になるため、参考にしてみてはいかがでしょうか。

次頁…あとから痛みが出る