あとから痛みが出る

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

人の模型示談交渉に関して言えば、事故にあってからすぐに始めることもできます。ここで大きな問題になるのは、契約ということで口約束を交わしたり、メモ書き程度でも示談として成立する可能性があることでしょう。軽い事故だからといって、こうした方法をとってしまうと、あとから怪我がはっきりしても、請求ができないことが出てきます。

交通事故の場合、人間の体には強い衝撃が加わります。わずかな速度でも、鉄の塊がぶつかってくることになるため、怪我がないと思っていても危険です。人間の体は、強い衝撃を受けた時に耐えられるように、筋肉に力を入れて耐えられるようにします。緊張している状態ですが、このままでは痛みがよくわからないことも出てくるのが問題です。この緊張が取れてみたら、実は怪我をしていたということもあるため、あとから症状が出てくることになるでしょう。

交通事故に遭った場合には、そのまま示談にするのではなく、事故証明書を入手できるように警察に連絡を入れ、怪我の状態もはっきりしてから示談の交渉をすることがポイントです。それも、専門知識を持った弁護士を入れて交渉を進めることが、確実なかたちにしていくために必要になってくるといえるでしょう。

<関連サイト>https://www.ko2jiko.com/knowledge/isharyou.html
交通事故示談について説明している「交通事故被害者救済サイト」です。